Skip to content

フリーエンジニアのキャリアパスと準備

フリーエンジニアとして仕事が多く手に入るのは20代から30代の時期であり、その後にはだんだんと受けられる仕事が減ってきてしまう傾向にあります。そのため、エンジニアとしての将来性を考えて、これからのキャリアパスを念頭におきながらフリーエンジニアとしての仕事をしていくことが大切になります。

生涯フリーで仕事を続けていくことを決意するのであれば、重要になるのはスキルアップです。若手にはできないほど手広く仕事を行うことができるということが重要になるからです。また、指導者としての視点とスキルを持つとプロジェクトに参入する際には、重宝される人材になるでしょう。

指導者やリーダーとしての視点から企業に転職するならば、フリーである間にそういったつながりを作っておくという戦略をとるのが理想的です。何度も同じ企業の依頼を受けて信頼を勝ち取り、正規雇用として雇いたいと考えてもらえるようにするのが良い方法です。

一方、1人で仕事をするのではなく、企業を立ち上げるというのもフリーからの発展の仕方として有効な選択肢です。個人で企業との交渉や契約から提供に至るまで、仕事のあらゆる部分を担ってきた経験を生かして、独創的な考えを導き出すことができれば、ベンチャー企業を立ち上げて動かしていくことはそれほど難しいことではありません。

このようないくつかのキャリアパスから自分の将来を考えて、準備を心がけることがフリーエンジニアにとってコンスタントな案件獲得の手立てにもなるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です