Skip to content

フリーエンジニアの将来性は高い

フリーエンジニアは、会社組織に所属せず個人で営業を行ってIT関連の仕事を請け負い、期日までに完了させる個人営業主です。未経験でいきなりフリーになるケースは珍しく、最初は会社組織に所属して経験やスキルを積みノウハウを学ぶことが重要です。会社組織で活躍していた頃に給料が安いと感じていた人も、フリーになって顧客を獲得できればかなりの収入がアップするので、ある程度経験やスキルを積んできたエンジニアたちは、将来性を考えてフリーになるケースが増えてきています。

現在IT業界は衰退を見せることなく、日進月歩で進化し盛んになるばかりです。今やどの企業もコンピューターを導入し、小さな町の商店や個人でさえもホームページやブログを持ち、宣伝に力を入れるのが当たり前になってきました。この業界の仕事は多く、人手不足なので新卒の未経験のエンジニアまで採用される時代です。経験者ならば新卒の未経験者よりも採用されることが多く、フリーのエンジニアであっても仕事に困ることはありません。
このように将来性のある職業形態なのです。

会社組織と違い個人なので、大きな仕事を一括で受注できることは稀ですが、これからも需要が高まり仕事が増えていくため、収入の増加も見込めます。安定した収入を考慮して、受注金額が小さい案件しか仕事が受けられない状態にならないためにも、元請けに近いシステム開発会社との信頼関係を築く努力をすることが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です