Skip to content

具体的な将来計画が大事なフリーエンジニア

フリーエンジニアとして活動を始めるにあたっては、フリーランスとしていつまで活動するかという将来計画を予め考えておくことが重要になります。
生涯フリーエンジニアとして仕事をしていく場合と、稼げる若い時期にだけ仕事をしてその後は転職をするキャリアパスを考えている場合とでは、担っていこうと考えるべき仕事の分野やスキルアップの方向性を変える必要があるからです。

フリーエンジニアとして稼ぎをあげやすい若いうちだけをフリーランスの期間をするのであれば、現在のトレンドの仕事に集中することが大切です。
需要も高くて仕事を請け負いやすく、高額の案件が豊富にあると期待されるからです。
そのためのスキルアップを予め行って準備しておくことが大切になります。そして、短期間で数多くの業績ができることにより転職も有利に行えるようになるでしょう。

一方で、生涯フリーランスを続ける場合には、将来性の高い分野に参入していくスタンスが重要になります。今のトレンドが10年後には廃れてしまっている可能性もあることから、先を見据えた仕事の分野選びを適切に行っていき、経験と技術の幅を広げることが重要になるのです。
そのためには予めIT業界を幅広く見据えておくことが必要になります。将来性の高い分野で活躍で切るようになるまでには道のりが長い可能性もありますが、大器晩成を目指してでも執着することが生涯仕事を得られるようになるためには不可欠なのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です